茶道について

茶における日本独自の生活文化・芸術のことを茶道といいます。
茶道は、来客の際に、茶の入れ方飲み方の
伝統的な作法で茶の湯とも言われています。

現在では、茶道も一般化され、
女性のたしなみの一つと言われるくらいまで浸透してきています。

実は、茶道を通して、自分自身を見つめ直し、
精神を高めたり機会を与えてくれるなど
精神性を重視した歴史ある思想体系とも言えます。

さらに、茶器へのこだわりや茶室の美術品など、
茶道は総合的な芸術でもあります。

茶を客人にもてなす「茶会」という集まりでは、
もてなす側はもちろん、
もてなされる方もさまざまな礼儀作法がありますが、
茶道には一期一会という概念があり、
亭主と客人などの人と人との出会いを大切にという
意味も込められていて、亭主と客人が風情ある交流を楽しむものです。

料理の世界では、最高のもてなし料理として懐石料理が挙げられますが、
もともとは茶会の席で出される料理のことを指します。
さらには、茶に合う和菓子も、茶会の席で出されたのが起源とされています。

日本文化は、様式や精神を重んじ、茶道の影響を受けながら、
共に発展してきたと言われております。

スポンサード リンク

 

 

【茶】の記事一覧

健康茶とは?

健康茶ブーム

お茶の種類

3つのお茶の種類

茶道とは?

茶道について

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方のコツ

お茶の効果

お茶のデトックス効果

茶とは?をテーマとして、いろいろなお茶の種類を紹介します。

トップ >   >