茶道とは?

茶の道の芸術と言えば、読んで字の如く茶道でしょう。

茶道は、茶の湯とも言われており、
亭主と客人が集まって行う茶会を中心にした、
「もてなし」と「しつらえ」を基礎とした日本独特の生活文化であります。

単にお茶を入れて飲むというだけではなく、精神性を重んじた、
総合的な芸術でもありましょう。

料理の中で、日本一のもてなしと言われてるのが「懐石料理」や、
茶に良く合う和菓子も、もとをたどれば、茶道から生まれてきたものだそうです。

茶道には、礼儀作法など約束事がたくさん決められていて、
なにかと堅苦しく見られがちです。

しかし、亭主は心を尽くして客に楽しいひとときをすごしていただくというための
人と人との出会いにより茶をもてなすということを忘れてはいけません。

お茶でもてなし、もてなされる際の互いの真心を大切にするために
多くの作法礼儀というのがあるのです。
つまり、五感を十分に働かせて客をもてなし・もてなされる、
風情ある日本文化なのです。

ちなみに、茶道の様式には、安土桃山時代の千利休により「侘茶」が大成され、
さらに、表千家・裏千家などの数多くの流派に分かれ、
現代に語り継がれております。

スポンサード リンク

 

 

【茶】の記事一覧

健康茶とは?

健康茶ブーム

お茶の種類

3つのお茶の種類

茶道とは?

茶道について

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方のコツ

お茶の効果

お茶のデトックス効果

茶とは?をテーマとして、いろいろなお茶の種類を紹介します。

トップ >   >