3つのお茶の種類

茶は、日本だけでなく世界中で栽培され、よく飲まれています。
日本で言えば、緑茶、煎茶が、
中国では、ウーロン茶、プーアル茶など、
インドなどでは、紅茶などが発祥地と言えましょう。

さきほども述べたように、お茶の種類は様々であり、
緑茶、紅茶、中国茶、漢方茶など数え上げればきりがないほど
いろいろあります。

茶を作る工程によって、お茶は3つのタイプに分けられます。
発酵茶、不発酵茶、半発酵茶です。

最初に、発酵茶の代表的なものは紅茶です。
摘まれた茶葉は参加酵素の働きを促進し、
タンニンなどの成分を酸化させます。

その後加熱し乾燥させると紅茶になります。
完全に発酵させてしまうので、緑茶などに含まれるカテキンが失われます。
さらに、熱に弱いビタミンCも失われてしまいます。

次に、不発酵茶です。
日本の緑茶(煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶など)が
不発酵茶とされています。

発酵させないで、加熱し乾燥させたものなので、
緑の葉の色がそのまま残ります。

不発酵茶の製法が、茶葉中の成分をフルに活かして作られています。
不発酵茶は、さらに、加熱の際に、蒸気を利用する「蒸し製」と
釜で炒る「釜入り製」に細分されます。

最後に半発酵茶。鉄観音茶に代表されるウーロン茶などがこれにあたります。
発酵時間が紅茶に比べて短く、緑茶と紅茶の中間に仕上がります。

このように、お茶の製法も変われば、種類も様々あります。
お茶の種類によって、味、成分、効能も違ってきます。
自分の好みと目的に合ったお茶を選んでティータイムを楽しみましょう。

スポンサード リンク

 

 

【茶】の記事一覧

健康茶とは?

健康茶ブーム

お茶の種類

3つのお茶の種類

茶道とは?

茶道について

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方のコツ

お茶の効果

お茶のデトックス効果

茶とは?をテーマとして、いろいろなお茶の種類を紹介します。

トップ >   >