めだかの飼育方法

飼育の基本を押さえることができれば、
めだかは3年以上も生きることができます。

めだかの飼育の基本のポイントは、
めだかにストレスのかからない環境を与えてあげることが大切です。

めだかの飼育の基本

(1)広めの水槽、濾過器、(フィルター・エアポンプ)、照明、砂利などを用意します。
上記の用品は、ホームセンターやペットショップで、意外と安くで売られています。

(2)水槽の水温は、25度前後が適温です。
水道水を使う場合は、塩素抜きの中和剤が必要です。
めだかに、ショックを与えないように注意しながら、
最低2週間に1回は水量の3分の1くらいの水を交換しましょう。

(3)飼育用の餌は、「めだかの餌」というものが市販でありますので、
それを使っても良いでしょう。
ちなみに、めだかはミジンコやイトミミズなども好んで食べますよ。

(4)食べ残しは水を汚しますので、毎回適量のえさを与えてげましょう。
約5分くらいがめだかの1回の食事の平均と考えましょう。

めだかの飼育の基本をしっかり押さえて、めだかの成長を楽しみましょう。

スポンサード リンク

 

 

【飼育】の記事一覧

金魚の飼育法

めだかの飼育方法

メダカの飼育の基本

カブトムシの飼育法

ハムスターの飼育法

オオクワガタの飼育法

飼育

飼育とは?を金魚や昆虫の飼育を例にとって解説していきます。

トップ >  飼育 >