熱帯魚がかかる病気とは?

熱帯魚がかかる病気には、代表的なものとして、
白点病、尾腐れ病、水かび病などがあります。

熱帯魚が病気にかかっているかどうかを知るには、
体表を見て判断できるものもありますが、
一般的なサインは、食欲不振や動作が不活発になることなどから判断します。

熱帯魚の病気の原因は、
水槽で飼っている場合は、ほとんどが水質悪化によるストレスや、
水温の急激な変化であると言われています。

そもそも、熱帯魚は環境の変化にとても敏感な魚であり、
水温や水質が変わると、ストレスを感じたり、
熱帯魚の病気にかかりやすくなるのです。

熱帯魚の病気の治療は、動物病院に連れていくことはできませんので、
病気の原因と予想される環境による原因を、
なるべく取り除いてあげて、市販の魚病薬による薬浴を行うのが良いでしょう。

熱帯魚の薬浴のポイントは、処方通りの薬の濃度を守ることです。

病気にかからないことが一番の治療法でもありますので、
日々の水質・水温管理をきちんと行ってあげて、
病気の予防策を怠りないようにしてあげましょう。

スポンサード リンク

 

 

【熱帯魚】の記事一覧

熱帯魚とは?

熱帯魚とは何か?

熱帯魚の飼い方

熱帯魚の飼い方のコツ

熱帯魚用の水槽の種類と選び方

熱帯魚のための水槽の種類と選び方とは?

熱帯魚と水草について

熱帯魚がかかる病気とは?

熱帯魚

熱帯魚とは?をテーマとして熱帯魚の飼い方について解説しています。

トップ >  熱帯魚 >