猫の病気

猫の病気には、伝染病を初めとして、
命に関わるような病気もがたくさんあります。

このような病気にかかりやすい猫は、
屋外で他の猫と接触している回数が多いと言う特徴があることが、
これまでのデータによってわかっています。

猫の病気の兆候は、一般的に、
下痢、吐き気、けいれん、鼻水、食欲不振、体をしきりに噛む
などの行動に現れます。

このような兆候があり、病気ではないかと感じたら、
速やかにかかりつけの動物病院に相談しましょう。

動物病院では、病気の症状に応じた検査、
薬の処方をしてもらえます。

また、猫の病気の防ぐ方法として、
ワクチンの予防接種という方法もあります。

特に、ウィルス感染の場合は病気になってからでは遅いので、
健康診断や予防接種を定期的に受けておくことが大切です。

スポンサード リンク

 

 

【猫】の記事一覧

猫の動物学

動物学的に見た猫

猫の病気について

猫の病気

猫の飼い方

猫の飼い方について

猫とは?を中心に猫の飼い方についてを記事にしています。

トップ >   >