猫の病気について

猫の病気については、飼い主であっても
初期の症状は見逃したしまうことが多いです。

猫が吐いたり、下痢をしたときに、
初めて病気と気づくこともあります。

猫の病気について疑いがあるときは、
速やかに病院に連れていき獣医に診てもらう必要があります。

動物病院では、必要に応じて、
問診、身体検査、糞便、尿検査、レントゲン、エコー、心電図検査などを行い、
適切な薬を処方してもらえます。

猫の病気にも、もちろん命に関わるような重いものがあります。
例えば「伝染病」などです。

特にペット猫の中で、野良猫と接する機会がある場合、
病気にかかりやすいといわれていますので、
病気予防のために、動物病院での健康診断、
ワクチンの予防接種などを欠かさないようにしてください。

愛するペットが病気にかかってしまう原因は、
飼い主にもあることを自覚しましょう。

スポンサード リンク

 

 

【猫】の記事一覧

猫の動物学

動物学的に見た猫

猫の病気について

猫の病気

猫の飼い方

猫の飼い方について

猫とは?を中心に猫の飼い方についてを記事にしています。

トップ >   >