動物学的に見た猫

日本でペットとして親しまれ、飼われている猫は、
動物学的に見た猫としては、ネコ科のイエネコとなる。

動物学的に見た猫は、
他のネコ科の動物に比べて小型ではありますが、
ライオンやヒョウ、チーター、ジャガー、ピューマなどの
大型の猛獣とおなじ科に属している仲間です。

動物学的に見た猫の特徴
肉食のため狩りに適した様々な能力を備えていることがわかっている。
例えば、獲物までの距離を正確にはかることの出来る視力。
明るさの変化に素早く反応する瞳孔。
鋭く指向性の高い聴覚、優れた嗅覚である。

このような動物学的に見た猫の特徴は、
ネコ科の動物である以上、
かわいく穏やかにみえるペットの飼い猫にもあてはまる。

動物学的に見た猫の特徴を知ると、
飼い猫が夜中に暴れ回るのも、ネズミを捕まえることが上手な理由も、
わかってくるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

 

 

【猫】の記事一覧

猫の動物学

動物学的に見た猫

猫の病気について

猫の病気

猫の飼い方

猫の飼い方について

猫とは?を中心に猫の飼い方についてを記事にしています。

トップ >   >