猫の動物学

猫と日本で一般的に呼ばれる動物は、猫の動物学では、
学名としてネコ科のイエネコとよばれます。

猫の動物学では、猫は他のネコ科の動物に比べて、
体が小さいと言う短所がありますが、
長所として、明るさへの反応が早い瞳孔、発達した聴覚、柔軟な身体、瞬発力があります。

これらは、狩猟に適した様々な能力の名残と言われています。

猫の動物学上の特徴

猫は、愛らしい容姿であるが、肉食であり、夜行性で、
これは、ライオンやチーターと同じネコ科であるからです。

生後9~10ヶ月で成猫になり、
メスの発情期は年数回で、一回の出産で約4匹の子供を産むと言われます。

ちなみに、猫の妊娠期間は2ヶ月ほどです。

猫の動物学では寿命は、約10年前後であると言われていますが、
室内で飼われているペット猫の場合、
近年平均寿命は延びる傾向にあります。

スポンサード リンク

 

 

【猫】の記事一覧

猫の動物学

動物学的に見た猫

猫の病気について

猫の病気

猫の飼い方

猫の飼い方について

猫とは?を中心に猫の飼い方についてを記事にしています。

トップ >   >