犬を病気から守る

犬を病気から守るには予防策としては、
動物病院での健康診断と予防接種がある。

病気の中でも狂犬病は、
かかれば100%死亡すると言われる恐ろしい病気であるから、
法律で義務付けられている年1回の予防接種を、
必ず受けさせなければなければならない。

動物病院では、狂犬病以外の複数の病気の予防に効果のある、
混合ワクチン接種も行っている。

犬が病気になったときは、かかりつけの動物病院につれていき、
必要な治療をしてもらうことが重要である。
症状に応じて薬も処方してもらえる。

犬を病気から守るには、早期発見、早期治療が肝要である。

日頃から犬を病気から守るために、犬の健康状態に留意し、
病気の兆候のような気になることがあったら、
獣医師に相談する事が大切である。

スポンサード リンク

 

 

【犬】の記事一覧

犬の動物学

動物学から見た犬とは?

犬のしつけの方法

犬のしつけ方

犬の病気

犬を病気から守る

ペット(犬・猫)と一緒に泊まれるホテル

犬と泊まれるホテル

ペット保険とは?

犬や猫のためのペット保険

犬に着せる服の選び方

犬用の服の選び方

犬の飼い方を知る

犬の飼い方の基本とは?

犬とは?をテーマとして犬のしつけ方や飼い方について解説しています。

トップ >   >