動物学から見た犬とは?

動物学から見た犬は、オオカミが祖先であると言われ、
人間が最初に家畜化した動物である鍍考えられている。

動物学から見た犬の特徴の一つは、
人間の数万倍も鋭いと言われる嗅覚である。

もう一つの特徴はリーダーへの従順な性質である。
これは、野生児に群れを作って生活していたため、順位生に乏しいからである。

以上のことから動物学では、
犬は特別な訓練をすることなく人間の狩りの手伝いができたのではないか?
と考えられている。

このような動物学から見た犬の特徴により、犬をしつける際には、
まず、飼い主がリーダーであることをおしえることがポイントだといわれる。

動物学から見た犬の寿命は、平均10歳から16歳くらいと言われているが、
最近の医療技術の進歩により、ペットの犬の寿命はかなり延びる傾向にある。

スポンサード リンク

 

 

【犬】の記事一覧

犬の動物学

動物学から見た犬とは?

犬のしつけの方法

犬のしつけ方

犬の病気

犬を病気から守る

ペット(犬・猫)と一緒に泊まれるホテル

犬と泊まれるホテル

ペット保険とは?

犬や猫のためのペット保険

犬に着せる服の選び方

犬用の服の選び方

犬の飼い方を知る

犬の飼い方の基本とは?

犬とは?をテーマとして犬のしつけ方や飼い方について解説しています。

トップ >   >