犬の動物学

動物学的にみた犬の特徴
所属は犬科に属すほ乳類で、一説では、動物の中で最初に家畜化され
人間のパートナーになったと言われている。

犬の動物学では、人間の狩りの助手として使われるようになった理由は、
野生時に群れを作って集団生活をしていたため順位生に乏しく、
リーダーに従順な性質をもっていたためとされている。

犬の動物学における主な分類では、
400種類ある品種が猟犬とそうでないものに大別される。

猟犬でないものとしては、愛玩犬、そり犬、番犬、農場犬がある。

犬の動物学上の特徴は、人間の数万倍も鋭いと言われる嗅覚にある。
聴覚も鋭いが反面、色覚はほとんどないと言われている。

犬の動物学において、犬は12歳で老犬になり、
12歳から16歳が寿命と言われるが、
犬種や育った環境によってもかなりの違いがあり、
20年近く生きる犬も珍しくない。

スポンサード リンク

 

 

【犬】の記事一覧

犬の動物学

動物学から見た犬とは?

犬のしつけの方法

犬のしつけ方

犬の病気

犬を病気から守る

ペット(犬・猫)と一緒に泊まれるホテル

犬と泊まれるホテル

ペット保険とは?

犬や猫のためのペット保険

犬に着せる服の選び方

犬用の服の選び方

犬の飼い方を知る

犬の飼い方の基本とは?

犬とは?をテーマとして犬のしつけ方や飼い方について解説しています。

トップ >   >