世界の映画の歴史

世界の映画の歴史は、フランスのリュミエール兄弟によって、
「シネマトグラフ」が発明されたことによって始まります。

ちなみに、フランスのリュミエール兄弟は、
「映画の父」とも言われています。

それまでは、エジソンが発明した「キネマスコープ」が、
映画は始まりでした。

しかし、「キネマスコープ」は、
1人ずつしか見ることができませんでした。

一方、リュミエール兄弟の「シネマトグラフ」は、
大勢の人がスクリーンで同時に映画を鑑賞することに成功しました。

このシネマトグラフによる世界初の試写会は有料で行われました。
1895年12月28日、場所はフランスのパリです。

そのため、12月28日は、「シネマトグラフの日」と、
呼ばれるようになりました。

映画産業は1900年代に入るとますます栄え、
ハリウッド、ワーナー、パラマウント、フォックスなどの、
現代にも名を残す映画会社が設立されていきました。

スポンサード リンク

 

 

【映画】の記事一覧

映画の日

「映画の日」の誕生秘話

日本の映画の歴史

世界の映画の歴史

映画

映画とは?をテーマとして映画についての一般知識を解説します。

トップ >  映画 >