日本の映画の歴史

日本で最初に上映された映画は、
「いつ」「どこ」だったかご存知でしょうか?

記念すべき初上映は、
1896年11月25日~12月1日までの間に、
神戸市で行われました。

当時の映画技術というのは、
「キネトスコープ」と呼ばれる小さな機械を使用していました。

これは、1人ずつ映画を覗いて見るタイプのもので、
現在の大スクリーンとは、まったく別物という感じです。

ちなみに、このキネトスコープは、エジソンによって発明されました。

そして、神戸での初上映から2ヶ月後、
大阪で「シネマトグラフ」が上映されました。

この「シネマトグラフ」は、
スクリーン上に映像を映し出すという現在の映画の基礎とも言えるもので、
一度にたくさんの方が映画鑑賞できるようになりました。

「シネマトグラフ」は、フランスのリュミエール兄弟の発明です。

ちなみに、日本初の映画会社である「日活」は、
1912年に誕生しました。

スポンサード リンク

 

 

【映画】の記事一覧

映画の日

「映画の日」の誕生秘話

日本の映画の歴史

世界の映画の歴史

映画

映画とは?をテーマとして映画についての一般知識を解説します。

トップ >  映画 >