タロットカードの種類

タロット占いは西洋占星学とともに、
占いの双璧と言ってよいほどに人気があります。

タロット占いのカードには種類があって、
マルセイユ版、ウエイト版など複数の種類があり、
その種類によって占いの解釈が異なります。

ところで、現存する最も古いタロットカードは、
1400年頃のイタリアで作られたものです。

マルセイユ版のタロット占いは、
その後に、フランスのマルセイユに渡り形成されました。

一方、ウエイト版は、19世紀に魔術と結びつきできたタロット占いです。

 

タロットカードの構成

タロットカードは73枚で構成されており、
占う時は、22枚の大アルカナと呼ばれるカードと、
56枚の小アルカナと呼ばれるカードを使います。

タロットカード占いを行いたい方は、
最初は大アルカナの22枚を使って基礎を学んでいくのが良いとされています。

スポンサード リンク

 

 

【占い】の記事一覧

夢占い

夢占いと右脳の働きの関係

タロット占い

タロットカードの種類

動物占い

動物占いとは?

相性占い

相性占いのやり方

四柱推命占い

四柱推命占いとは?

占星術

占星術とは?

占い

占いとは?をテーマとして占いのさまざまな種類を解説致します。

トップ >  占い >