騙し絵(だまし絵)の楽しみ方

絵の種類には「騙し絵(だまし絵)」という、
見る人にわざと錯覚を起こさせるものがあります。

騙し絵の書き方 はこちら

もちろん騙し絵(だまし絵)というくらいですから、
錯覚を起こさせるのが狙いです。

騙し絵(だまし絵)は、
一見すると、どのように見えれば正しい見方なのか、
わかりにくいものも多くあります。

ぱっと見では、野菜の絵だと思っても、
実は、逆さまにしてみると、人の顔の絵だった!
という騙し絵(だまし絵)もあります。

最近では、書籍で騙し絵(だまし絵)を見るだけでなく、
インターネットのサイト上でも、騙し絵(だまし絵)を見ることができます。

また、自分で騙し絵(だまし絵)を描いて、
人に見てもらうのも楽しいものです。

騙し絵(だまし絵)には、
騙し絵(だまし絵)の原理がありますから、
まずはそれを学んでオリジナルの騙し絵を描いてみましょう。

スポンサード リンク

 

 

【絵】の記事一覧

ちぎり絵とは?

ちぎり絵の楽しみ方

騙し絵(だまし絵)とは?

騙し絵(だまし絵)の楽しみ方

絵の描き方

絵の描き方を学ぶ方法

大人のぬり絵

大人のぬり絵の種類

絵とは?をテーマとして絵のさまざまな種類を紹介します。

トップ >   >