ちぎり絵とは?

「ちぎり絵」とは、
細かくちぎった紙片を台紙に貼りつけていき、
まさに絵を描いたかのように一枚の絵に仕上げることです。

わたしたちの多くが小学校の美術の時間などに、
ちぎり絵を習ったことがあると思います。

 

小学校の頃にやったこのちぎり絵ですが、
最近では、「老後の趣味」としての人気が集まっています。

ちぎり絵の紙を手で細かくちぎる時の指の運動が、
脳の活性化を促したり、認知症を予防したりする効果があるそうです。

 

それと、ちぎり絵には、
実際の絵を描くほどの 「絵心」は必要ありません。

さまざまな形をした紙片を貼り付けていくのですから、
個人差があった方が「味」と感じられることが多いそうです。

ちぎり絵についてもう少し詳しく学びたい場合は、
ちぎり絵の見本がたくさん掲載されている本などを買い求めると良いでしょう。

スポンサード リンク

 

 

【絵】の記事一覧

ちぎり絵とは?

ちぎり絵の楽しみ方

騙し絵(だまし絵)とは?

騙し絵(だまし絵)の楽しみ方

絵の描き方

絵の描き方を学ぶ方法

大人のぬり絵

大人のぬり絵の種類

絵とは?をテーマとして絵のさまざまな種類を紹介します。

トップ >   >