ブリザード(プリザード)フラワーとは?

生花と見分けがつかないような、花のアレンジメントを見かけましたら、
それがプリザードフラワーに違いありません。

保存用に適しており、
結婚式で使用した花など、思い出を枯枯らすことなく
残すことができます。

 

ブリザード?プリザード?

「ブリザードフラワー」のような発音に聞こえますが、
本来は、プリザードフラワーと言います。

もっと正しい名称は、
プリザーブド フラワー(Preserved Flower)
⇒ 保存された花

という呼び名であり、ドライフラワーの一種というとわかりやすいです。

 

プリザードフラワーの花の色は、
生花の本来の色を利用しますが、
オーガニック着色料によって色を着けることもできます。

 

また、プリザードフラワーの保存期間は、
日本では、2~3年と言われています。

湿度の高くない国や地域では、
10年も保存できるところもあるそうです。

もちろん、きちんとケースにしまうことで保存状態はよくなりますし、
「シリカゲル」が保存状態を良くしてくれる効果があります。

スポンサード リンク

 

 

【花・フラワー】の記事一覧

フラワーアレンジメント用の花

フラワーアレンジメントの種類

誕生花とは?

誕生花の種類

ブリザード(プリザード)フラワーとは?

人気のプリザーブドフラワー

花言葉とは?

花言葉の種類

花・フラワー

花とは?フラワーとは?をテーマとして、それにまつわる言葉を説明しています。

トップ >  花・フラワー >