誕生花とは?

誕生花とは、自分が生まれた日にちに定められている花のことを言います。
つまり、365日分の誕生花があるということですね。

あれ?

ちょっと足りませんね。
実は、うるう年の2月29日も誕生花は決まっています。

なので、
366日分の誕生花があるということになります。

 

ここので誤解しやすいのが、
「366種類の誕生花」というわけではなく、
1日に数種類の「誕生花」が決められていたりするのです。

元旦の1月1日を例にとってみると、
1月1日の『椿(つばき)の白』ですが、
「スノードロップ、チューリップ(白)、福寿草」なども、
1月1日の誕生花なのです。

1日に1種類の誕生花でないことが、
奥深く、おもしろいと感じるところですね。

 

さらに、ここでもうひとつ誕生花に関して気になることが・・・

1月1日の誕生花に出てきた「福寿草」は、
「花」でしょうか?

 

そうなんです、誕生花と言っても、
草や葉も誕生花の中に含まれているんですよ。

おもしろいですね。

 

ちなみに、
1月1日の『椿(つばき)の白』の花言葉は、
⇒ 申し分ない魅力 です。

スポンサード リンク

 

 

【花・フラワー】の記事一覧

フラワーアレンジメント用の花

フラワーアレンジメントの種類

誕生花とは?

誕生花の種類

ブリザード(プリザード)フラワーとは?

人気のプリザーブドフラワー

花言葉とは?

花言葉の種類

花・フラワー

花とは?フラワーとは?をテーマとして、それにまつわる言葉を説明しています。

トップ >  花・フラワー >